失敗しない酵素ドリンクの選び方を独自の視点から解説するよ!

まずは、酵素ドリンクとは何なのか。

実際のところはよく知らない人、という人は多いのではないですか?

酵素ドリンクとは、果物・野菜・海藻類・キノコ類・大豆などを熟成発酵させて作られた栄養たっぷりの飲み物のことです。

もう少し詳しく言うと、体内の酵素の原料になったり、酵素の補助をするための栄養がたっぷりに入った「補酵素飲料」のことを指します。

簡単に言うと、エネルギー(太るもと)になる栄養を最小限に抑えた、健康に生きるために必要な栄養がたっぷり入った飲み物のことです。

ここで、栄養だけ摂りたいのであればカプセルに入ったサプリメントでいいのでは?と思う人がいるかもしれませんね。

酵素ドリンクを選ぶ人の目的は、栄養が偏っている人の栄養補給、置き換えダイエットやファスティングをするため、食べ過ぎた時の食事の置き換えをすることです。

要するに、サプリと水では味気ないし満足できない。

だから、酵素ドリンクを飲むことで満足感を得ると同時に、熟成発酵された吸収されやすい栄養を手軽に摂取することができるのです。

ここからが本題になります。

酵素ドリンクと分類されている飲み物はたくさん存在するので、どれを選んでいいのか正直わからないですよね。

まず、1番大事なのは、その酵素ドリンクが市販のジュースと変わらない製品ではないかどうかです。

これを見分けるコツは、水や炭酸水で割って飲んでください、と記載してあるかどうかです。

ストレートでそのまま飲める酵素ドリンクは、水で薄めてあるジュースと変わらないと思っていいと思います。

値段がジュースと変わらないのであれば買っても損はしないと思いますが、実際ジュースと変わらないのに、何倍も高い酵素ドリンクが売っているんです。

だいたいそういった酵素ドリンクは、薄めずそのまま飲めるから手軽でいい!というような文言で宣伝しているでしょう。

確かに、一見薄めるのって手間がかかるような気がします。

しかし、薄めないということは、すぐに無くなってしまうということなんです。

めちゃめちゃもったいないと思いませんか?

損をしないために、薄めて飲んでくださいと書いてある酵素ドリンクを選んでくださいね。

そして、もうひとつ抑えておきたい点は、原材料に欄に「果糖ブドウ糖液糖」が記載されている酵素ドリンクを避けることです。

この果糖ブドウ糖液糖は、簡単に言うとデンプンから作られた甘い液体のことです。

純粋な砂糖で甘みをつけるより安く製造できるので、市販のジュースのほとんどにこれが使われています。

この果糖ブドウ糖液は、ダイエットの大敵になります。

ぜひ、原料が野菜や果物そのものの酵素ドリンクを選んでくださいね。