意外と知らない!日本人がアクセントを間違えて覚えている英単語

フィリピン人の友人たちが日本の英語、もしくは英単語のアクセントがおかしいと言いますが、簡単に言うと日本人はカタカナをそのまま読んでいるだけなので、そもそも間違いではありません。

でも、単語ですら聞き取ってもらえないわけですから、会話なんてなかなか成立するはずがないです・・・。

アクセントがどうとか言われたって、それは私たち日本人が悪いわけではありませんが、フィリピン人に限らず、英語を話す国の方が聞いたら、「なにそれ?」ってなる日本人の英単語はたくさんあります。

英会話を学んでアクセントを勉強している人には理解できているはずですが・・・

ここでは、その一部をあえて紹介します!

あーそうなんだ~
ってくらいで流し読みしてもらっても構わないですが、結構勉強になりますし、新たな発見にもなったりします。

興味のある方はぜひ、ここから先を読んでみてくださいね。

文字だけでは伝わりにくいかもしれませんが、あえてフィリピン人にはこう聞こえるというニュアンスでカタカナ表記してみました。

日本人の英語はこんな風に聞こえるらしい・・・

milk ⇒ milko
ミルコ・・・ミルクは最初全く通じませんでした・・・
chocolate ⇒ chocolato
チョコレット・・・チョコレートがなかなか難しい・・・
rice ⇒ riceso
ライスゥ・・・通じるけどおかしいと・・・
glass ⇒ glasso
グラスゥ・・・実際にグラスを指差せばなんとかなりそう・・・
hot ⇒ hoto
ホット・・・何いってるか分からないと・・・
vegetable ⇒ vegetablelo
ベジタブゥルゥ・・・そもそも長いからキビシイ・・・
hear ⇒ hearo
ヘアー・・・なんのことだと・・・
hand ⇒ hando
ハンド・・・体の話なのでなんとか・・・
bath ⇒ bathto
バット・・・意味が分からないって
dress ⇒ dressso
ドレスゥ・・・最後がおかしいと・・・
card ⇒ cardo
カードゥ・・・上と同じく・・・
bird ⇒ birdo
バード・・・ただ鳥って言いたいだけなのに・・・
plate ⇒ plateto
プレット・・・まあまあ伝わるけど、おかしいと・・・
boat ⇒ boatto
ボット・・・ヒドイもんです・・・

番外編

milo ⇒ milo
ミロ・・・正解なのですがフィリピンをはじめとする日本以外の国ではあの超有名な飲み物はマイロというらしいです(笑)

アクセントが間違えてるって言われても・・・

はっきり言ってアクセントが違っていることは、問題ないわけです。

少しは英語が話せるつもりでいた私の場合でも、友達のフィリピン人からアクセントがおかしいと言われることが多々あります。

でも、日本人は小さいころからカタカナ表記のアクセントで覚えているわけですから、しょうがないわけです。

とはいえ、海外で英語を使ってみても通じなければあまり意味がないのも事実ですよね。

だからこそ、本場の人たちを相手に英会話を学ぶオンライン英会話が大人気なんです!

アクセントがどうとか言われて恥ずかしい思いをして、英会話の勉強をはじめる人の割合が多いって聞きました。
私もじつはその一人なんですが・・・(笑

日本人同士だったら、別にアクセントが間違っていても恥ずかしいことではないと思いますが、外国人相手だと会話が成り立たないのも事実・・・

だからこそ、英会話の勉強は本場の人を相手に話すことが一番の近道なんですよ!

オンライン英会話だったら格安で家にいながら、本場の人と会話をすることができるわけですから超お得ですよね。

格安オンライン英会話のおすすめはこの2つ!

↓格安の受講料で学べて無制限はここ↓
ネイティブキャンプ
オンライン英会話のおすすめ

スマホアプリ、PCから予約なしで英会話レッスンが受講可能。しかも、レッスン回数が無制限。ビギナー、TOEIC、英検対策に加えキッズ、カランメソッドやビジネス対策等様々なコースを設けているのが特徴。誰もが一度は耳にしたことがある業界でも超有名な格安オンライン英会話です。


↓格安受講料で業界No.1はここ↓

世界90カ国以上、業界最大級の豊富な講師陣の中から選択できるのはここだけ。ネイティブだけでなく、世界90カ国以上の多国籍講師が選択可能、英語学習プログラム「iKnow!」が無料で使えるのが特徴。選ばれて業界No.1、日本最大規模の格安オンライン英会話です。